浴衣姿Eカップの女がイキまくった

どうも、こんにちは。

このサイトの管理人であるぐっちです。

 

僕は、恋愛を学んでモテるようになりました。

クラスメイトから顔面でからかわれたり、女の子を目の前にするとキョドっていた僕でも、いまではお気に入りのセフレが3人います。

 

それで僕は自分の限界を知るためもあって、1日中セックスしまくる日を設けました。

 

ハリのある巨乳をもつ清楚系のナナ

 

3人のセフレのなかにEカップで、おっぱいがたわわな専門学生20歳、黒髪ロングのナナがいます。

乃木坂系の顔でめっちゃ可愛い清楚系の女の子です。

 

今回は、詳しく語ることはありませんが恋愛を学び、ある程度モテるようになった僕は新たなステップとしてナンパに励むようになりました。

 

彼女は渋谷でナンパしたときにゲットしました。

 

思いきってナナに声をかけて、培ってきた恋愛の知識をフル活用した結果、会ったその日にネカフェでして、セフレ化させることに成功しました。

 

見た目は清楚系なのに、エロいスイッチが入ると途端に激しくなるギャップが特に気に入っています。

いつもなら、一回ヤッたらもう新規の女に行きがちなんですけどナナは特別でした。

 

それでも3日に1回くらいしかラインはせず(僕が面倒くさがりなだけ)着々と温泉デートの予定をたてて約束の日を迎えます。

 

エロいシチュエーション

 

二人ともセックスすること前提での温泉デートです。

この日は僕もはりきって、朝から亜鉛とサプリメントを摂取し。まるでAV男優にでもなっているかのように準備を整えます。

 

持ち物は、ローションと電マ、コンドーム。

行きの電車の中でコンドームをぽろっと落としてしまって恥ずかしくなったのを未だに覚えています(笑)

 

昼の14時から待ち合わせ。

先に着いていたナナは黒のレースの七分袖、ひざ丈くらいある緑のスカート。

 

はっきり言って、エロさ皆無です。

誰もが、これからセックスするために温泉に入るとは思わないでしょう。

靴を下駄箱にいれて、予約していた部屋に案内されます。

部屋は防音対策などしているはずもなく、激しく喘いでしまったら周りの客に丸聞こえです。

 

部屋のベランダには露天風呂が付いていて、早速使うことになります。

 

僕は服を脱いで、ナナより先に入ります。

 

ナナはタオルで隠しながら恥ずかし気に入ってきます。

「露天でタオル使ったらダメなんだよー」言ったら、

タオルをはだけてピンク色の乳首のキレイな美乳が露わに(笑)

 

最初は、まず身体の洗いっこをし、彼女は髪を上に留めてあり、キレイなうなじを眺めながら背中を流してあげます。

 

すでに僕の股間は膨らみ始めて、

ナナ「勃つの早すぎ(笑)」

なんて言われます。

 

僕はナナに股間を押しつけながら後ろから優しく柔らかい胸を愛撫します。

ナナ「ちょっとお…//」

と言いナナは僕の手を払いのけます、これは拒絶なんかではありません。単なるじゃれあいです(笑)

 

エロスイッチをポチッと

 

彼女は、とてもムードを大切にしている女です。性欲を剝き出しにした男を相手にしない。

割としっかりしている女でした。

 

僕はそんなところも含めて、気に入っています。

裸になって体を洗いっこしつつ簡単にヤらせてくれないとこもやりがいがあって楽しいです。

 

僕はナナのエロスイッチを知っています、ていうか彼女から訴えかけているように思えました。

 

ナナは死ぬほどキスが好きです。

気持ちよくキスをするために舌ブラシを持っていたりブレスケアも怠りません。

僕は匂いに気を使う女は大好きです。

口が臭いとそれだけで萎えます。

 

ちなみに、彼女から僕に舌ブラシをプレゼントされました(笑)

 

相当、キスに力を捧げている。

ナナは、キスしてるだけでじゅんと下着が濡れてしまうくらいエロイ女です。

 

でも僕もなかなかキスはさせてあげません。

時間はたっぷりあるのでとことんまで焦らしまくります(笑)

 

とにかくイチャイチャして、身体をお互い洗い流したあと湯船につかり、楽しく下ネタの話をします。

 

僕「ほら1ミリも勃ってないでー見てみ!」

 

ナナ「いやめっちゃ勃ってるww」

 

水面にチンコを浮かばせたりしてアホみたいに面白かったです(笑)

そっから、こちょこちょしたり…

 

沈黙を作るとナナはとっくに女の目になっています。

この流れで首筋にキスをしてあげます。

 

手を握りながら目を見つめると、ナナは自ら唇を求めてきて雰囲気よく軽いキスをします。

手で彼女の首元をやさしく包み込み、嫌がる素振りもないことを確認して舌を入れてディープキス。

 

興奮した露天プレイ

 

じっくりじっくりと乳首の周りから愛撫して。

手でおっぱい全体を円を描いてやさしくマッサージするように揉んだり、にぎにぎと持て余した柔らかい感触を楽しんだりします。

おっぱいを舐めたり、舌先で乳首を目指し、やさしく乳輪から乳首へと舐めていきます。

 

「ハァ…//」

 

反応がとれたので、優しく乳首を吸ったり舌先で転がしたりし、逆側の手は腰のあたりを愛撫していき、女性器に向かいます。

すでにじんわりと膣のなかは濡れていて、手マンはまだせず、じっくりま〇こ周辺を撫でまわします。

 

「んんっ・・・」

ナナは必死に漏れそうな声を手で抑えています(笑)

 

そして手マン。

Gスポットを攻めて気持ちよくさせるため、中指を根元まで入れて軽くまげて少しザラザラ、ふわふわしたところを擦るのではなく押すイメージで責めていきます。

トントントントン

 

どんどん中からマグマのようにエロイ汁が溢れてきて・・・

 

「ダメ・・・もう我慢できない早く・・・」

 

そろそろ夕方になりかけて照明がつく頃です。

下から見た、たわわな巨乳と火照った彼女のエロイ顔を見ていると遂に僕も我慢できなくなります。

 

思うがままにセックス

 

僕は膨れ上がったペニスを手で持ち、クリトリスに当てて上下へ揺らして刺激します。

 

「はぁ~気持ちいい・・・」

 

これ意外と評判いいです。

こうすると快感が最高潮に達します。

 

彼女は自分の人差し指と中指を使い、入り口を開けさせて

「おねがい・・・もう挿れて!」と怒り気味。

 

さすがに焦らしすぎたかと反省しつつコンドームをはめて、ゆっくり挿入します。

 

「はいったぁ・・・」

 

僕のジュニアは、あったかーい膣の中で包み込まれて奥へ奥へと入っていきます。

 

「・・・ンゥ・・・ハァ~」

「あぁ・・・奥まできちゃう・・・んぁあ//」

 

徐々に腰を動かして、スピードを上げていき

 

「アッアッ…ハァん!」

 

気持ちよくさせるため下腹部を手で抑えて圧迫します。

こうすると女の子はさらに感じるのです。

 

「イッチャう・・・いっちゃうのおお///」

 

そして同時に、エクスタシー。

 

僕「ふぅ・・・」

 

「ハァハァハァ・・・」

 

精液でまとわりついるのを、
ナナはエロい音を立てながら自らフェラをします。

 

「チュパ・・・ジュル・・・ハァ・・・チュパ・・・」

 

キレイな瞳で見つめながら、頭が上下し、可愛げな口から赤みのかかった男根が出入りする光景は卑猥です。。

興奮した僕は立て続けにバックをして、心身ともに幸せになりました。

 

勃起力を生かして

 

セックスには、だいぶ体力を使うため食事をします。

お酒も嗜みながら浴衣になって何をしたらされたら興奮するかエロイトークをします。

 

だんだん酔いも回り始め第2ラウンドへ。。

 

僕「てか、さっきよりも胸小さくなってない?」

 

ナナ「なに言ってんの?こんなにあるじゃん!」

 

僕「そうか…?」

 

手に余るほどのおっぱいを鷲づかみ揉み始めます。

僕はナナの浴衣を脱がし、熱く舌を絡んだキスをしながら布団に移動させます。

 

両手で乳首をいじりながらの正常位。

途中で持ってきた電マを使って、気持ちよくさせます。

 

「これヤバい…マジで…ちょっっほんとヤバい//」

 

電マだけで彼女はピークに達してしまいそうだったのでイキそうなとこでやめて露天風呂ではできなかった、騎乗位をします。

気持ちよさげに感じている彼女の表情とともに、たゆんたゆんと上下に揺れる胸、まさに絶景でした。

 

騎乗位の状態からのディープキス、、これがまた堪らない。

 

気持ち良すぎたためか、早漏であるためか、僕が先にイってしまいました。

勃つまでまた電マを使ってアソコに当てて遊んでみたりして、お互いが眠くなるまでヤリ続けます…。

 

精子が枯れそうになった

 

最終的に計4回、僕はイキました。

性欲が強いと自負している僕でも当分はセックスしなくてもいいかなーと思うくらいセックスしました。

 

「もう限界・・・」と心行くまでやったので、最高に幸せな時間でしたね。

恋愛を学んでいなかったら、僕はこんな体験や快感を味わうことはなかったです。

 

本当に恋愛を学んでいてよかったです。

素直に童貞を卒業したいと思って恋愛を学ぼうと行動した、あの頃の自分に感謝したいです。

 

まさかこんなに、1日中セックスしまくる日がくるなんて夢にも思いませんでした。

改めて、かわいい女を抱くのに顔とか喋りが上手いとかカンケーないなと思いましたよね。

 

学んだ恋愛の知識を活かすだけで、
簡単に可愛くて巨乳な黒髪ロングの女の子を抱けてしまいます。

 

セックスしまくる生活を送ってみたいのであれば、下記から無料メルマガに登録して恋愛を学んでみてください。

 

読んでいけば、どれだけ過去にモテてなくても童貞も卒業できます。

恋愛は顔ではなく、知識なので。

<<こちらから読んでみる>>

楽天など大手企業が運営している10年前からある優良出会い系サイトを使って、顔も出さず無料かつノーリスクでセフレを量産する裏ワザを伝授!

これを読めば、どんな童貞でもたった3週間巨乳のパイパン女子大生とパコパコSEXできます!!



⇒無料で電子書籍を受け取ってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です